渡航前に勉強しておこう!日本でインドネシア語を勉強する方法

この記事の目次

渡航前の日本でのインドネシア語の勉強はやっておいた方がいい?

こんにちは。hisazooです。

外国に住むとなると言葉が心配になるものです。

ましてやインドネシア語は、日本に住むほとんどの方には馴染みがない言語ですので、渡航前に勉強しておくべきかどうかお悩みの方のお手伝いができればと思います。

結論:学習することをお薦めします

理由は以下の通り3つあります。

英語はほとんど通じない。

語圏や、英語圏ではなくても日常的に英語も話す国へ住むということであれば英語だけでコトは足りますが、インドネシアは、空港、国際的なホテル等外国人が良く利用する機関以外はほとんど英語は通じません。タクシー、モール、スーパー、ワルン(屋台)、当たり前ですがインドネシア語です。インドネシア語が話せず、簡単な英語で話してもほとんど理解してもらえません。あいさつを初め、レストランでの注文、予約、数字の数え方、時間の言い方は生活していく上で必須なので上陸初日から必要になってきます。

気持ちの余裕が出来る。

インドネシア語はマイナー言語のうちに入るでしょう。私も勉強を開始するまでは、全っっっったくの無知でした。インドネシアに興味、関わりがない方にとっては未知な言語になると思いまですので尚更事前学習が必要と考えます。もし無知のまま渡航をしたら上陸初日から途方に暮れたと思います。学習した言語の音が、その時は何を言っているのか理解できなくとも聞いたことがあるというだけで妙な安心感があるものです。また、カタコトの会話が通じた時は嬉しかったです。

現地の言語が習得できる。

これは本人の努力次第ですが、渡航後も継続して学習すれば習得は可能です。学習方法としては、スクールまたはオンライン、マンツーマン、本での独学と色々な方法はあります。私は、日本在住のインドネシア人の先生にマンツーマンで習いました。

渡航前に使用した書籍は、主に文法を学んだ”やさしい初歩のインドネシア語”、 単語をメインに覚えた”旅の指差し会話帳”および”キクタン入門編”を使用しました。学習をしている途中で理解しにくい(外国語学習はその国の文化も学ぶことと言われてますが)文法と遭遇しますが、

そこはサラリと受け流し、こんな用法があるのかという程度の理解で良いと思います。実際日本では全く使わない言語なのでその場で理解しようとしても無理な話です。そこはドツボにハマる所では無いのでドツボにハマるくらいなら現地に行ってからにし、ボキャブラリーを増やす方にエネルギーを注いだ方が良いです。

created by Rinker
¥3,080 (2024/07/20 16:37:46時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

 

まとめ

以上、渡航前の言語学習はお薦めします。というか、必須と言いたいです。

渡航してからと考えている方もいらっしゃると思いますが、現地へ到着してからスクール、講師を探すのに時間が取られ、すぐに学習を開始出来るとは限りません。従って、最低限の予備知識、聞いたことがある発音を予習して行ったほうが気持ち的にも楽です。渡航前に勉強して良かったと思っています。

おすすめの記事